熱高く身苦し

 熱高く身苦し。初めは呻吟《しんぎん》、中頃は叫喚《きょうかん》、終りは吟声《ぎんせい》となり放歌となり都々逸《どどいつ》端唄《はうた》謡曲|仮声《こわいろ》片々《へんぺん》寸々《すんずん》又継又続|倏忽《しゅっこつ》変化|自《みずか》ら測る能はず。一夜例の如く発熱詩の如く偈《げ》の如き囈語《げいご》一句二句|重畳《ちょうじょう》して来る、一たび口を出づれば復《また》記する所なし。中につきて僅かに記する所の一、二句を取り補ふて四句となす。ただ解すべく解すべからざる処奇妙。[#ここから2字下げ]星落白蓮池。 池塘《ちとう》草色|斉《ひとし》。 行々不[#レ]逢[#レ]仏。 一路失[#二]東西[#一]。[#ここで字下げ終わり][#地から2字上げ](六月九日)

 東京にすばしこき俳人あり。運座の席に出て先輩の句に注意しまたどのやうな句が多数の選に入るかを注意しその句を書きつけ帰り直《ただち》にその句の特色を模倣してむしろ剽窃《ひょうせつ》して東京の新聞雑誌に投じまたは地方の新聞雑誌に投じただその後《おく》れん事を恐る。一般の世人はまたその模倣を模倣しその剽窃を剽窃しかくしてその特色は忽《たちま》ち天下に広がり原句いまだ世に出でざる先に既に陳腐に属し、たとへこれを世に出すも誰も返り見る者なきに至る。これでは俳句界にも専売特許局がほしくなるなり。[#地から2字上げ](六月十日)

 病室の片側には綱を掛けて陸中《りくちゅう》小坂《おさか》の木同より送り来し雪沓《ゆきぐつ》十種ばかりそのほかかんじき蓑《みの》帽子など掛け並べ、そのつづきには満洲にありしといふ曼陀羅《まんだら》一幅|極彩色《ごくさいしき》にて青き仏赤き仏様々の仏たちを画がきしを掛け、ガラス戸の外は雨後の空心よく晴れて庭の緑したたらんとす。昨日|歯齦《はぐき》を切りて膿汁《うみじる》つひえ出でたるためにや今日は頬のはれも引き、身内の痛みさへ常よりは軽く堪へやすき今日の只今、半杯のココアに牛乳を加へ一匕《ひとさじ》また一匕、これほどの心よさこの数十日絶えてなき事なり。[#地から2字上げ](六月十一日)

— posted by id at 11:38 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.8695 sec.

http://hadamichi.com/