先頃の『葯房漫艸《やくぼうまんそう》』

 先頃の『葯房漫艸《やくぼうまんそう》』に美の事を論じて独りぎめになつては困るといふやうな事を書いてあつたと思ふ。余の考では美の判断は二人ぎめでも三人ぎめでもない、やはり独りぎめより外はない、ただ独りぎめに善いのと悪いのといろいろある。[#地から2字上げ](六月十九日)

『俳星』に虚明《きょめい》の「お水取」といふ文があつて奈良の二月堂の水取の事が細《くわ》しく書いてある。余はこれを読んでうれしくてたまらぬ。京阪地方にはこのやうな儀式や祭が沢山にあるのだから京阪の人は今の内になるべく細しくその様を写して見せてもらひたい。その地の人は見馴れて面白くもなからうがまだ見ぬ者にはそれがどれほど面白いか知れぬ。殊に箇様《かよう》な事は年々すたれて行くから今写して置いた文は後にはその地の人にも珍しくなるであらう。京都の壬生《みぶ》念仏や牛祭の記は見た事もあるがそれも我々の如き実地見ぬ者にはまだ分らぬことが多い。葵祭《あおいまつり》祇園祭《ぎおんまつり》などは陳腐な故でもあらうがかへつて細しく書いた者を見ぬ。大阪にも十日夷《とおかえびす》、住吉の田植などいふ事がある。奈良に薪能《たきぎのう》が今でもあるなら是非見て来て書いてもらひたい。御忌《ぎょき》、御影供《みえいく》、十夜《じゅうや》、お取越、御命講《おめいこう》のやうな事でも各地方のを写して比較したら面白いばかりでなく有益であらうと思はれる。[#地から2字上げ](六月二十日)

 ある人諸官省の門番の横着《おうちゃく》なるを説く。鳴雪《めいせつ》翁|曰《いわ》く彼をして勝手に驕《おご》らしめよ、彼はこの場合におけるより外に人に向つて驕るべき場合を持たざるなり、この心を以て我は帽を脱いで丁寧に辞誼《じぎ》すれば則《すなわ》ち可なり、と。けだし有道者の言。[#地から2字上げ](六月二十一日)

 学校で歴史の試験に年月日を問ふやうな問題が出る。こんな事は必要があればだんだんに覚えて行く。学校時代に無理に覚えさせようとするのは愚な事だ。[#地から2字上げ](六月二十二日)

 刺客はなくなるものであらうかなくならぬものであらうか。[#地から2字上げ](六月二十三日)

 板垣伯《いたがきはく》岐阜遭難の際は名言を吐いて生き残られたので少し間《ま》の悪い所があつた。星氏の最期は一言もないので甚だ淋しい。願はくは「ブルタス、汝もまた」といふやうな一句があると大《おおい》に振ふ所があつたらう。[#地から2字上げ](六月二十四日)

— posted by id at 11:40 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0602 sec.

http://hadamichi.com/