余が知るより前の不折君

 余が知るより前の不折君は不忍池畔に一間の部屋を借りそこにて自炊しながら勉強したりといふ。その間の困窮はたとふるにものなく一粒の米、一銭の貯《たくわえ》だになくて食はず飲まずに一日を送りしことも一、二度はありきとぞ。その他は推して知るべし。『小日本』と関係深くなりて後君は淡路町《あわじちょう》に下宿せしかば余は社よりの帰りがけに君の下宿を訪ひ画談を聞くを楽《たのしみ》とせり。君いふ、今は食ふ事に困らぬ身となりしかば十分に勉強すべしと。乃《すなわ》ち毎日|草鞋《わらじ》弁当にて綾瀬《あやせ》あたりへ油画の写生に出かけ、夜間は新聞の挿画《さしえ》など画く時間となり居たり。君が生活の状態はこの時以後|漸《ようや》く固定して終《つい》に今日の繁栄を致しし者なり。 君が服装のきたなきと耳の遠きとは君が常職を求むる能はずして非常の困窮に陥りし所以《ゆえん》なるが、余ら相識るの後も一般の人は君を厭ひあるいは君を軽蔑し、余ら傍《かたわら》にありて不折君に対し甚だ気の毒に思ひし事も少からず。されど君が画における伎倆《ぎりょう》は次第にあらはれ来り何人もこれに対しての賞賛を首肯《しゅこう》せざる能はざるほどになりぬ。達磨《だるま》百題、犬百題、その他何十題、何五十題といふが如き、あるいは瓦当《がとう》その他の模様の意匠の如き、いよいよ出でていよいよ奇に、滾々《こんこん》としてその趣向の尽《つ》きざるを見て、素人も玄人《くろうと》も舌を捲《ま》いて驚かざるはなし。 君の犬百題などを画くや、意匠に変化多く、材料の豊富なるは言ふまでもなけれど、中にも歴史上の事実多きを見て、世人は余らの窃《ひそ》かに材料を供給するに非《あらざ》るかを疑へり。しかしこは誤りたる推測なり。余は毫も君に材料を与へざるのみかかへつて君の説明によりて歴史上の事実を教へられし事少からず。とはいへ君は決して博学の人にあらず、読書の分量は余り多からざるを信ず。而して此《かく》の如く多方面にわたりて材料を得る者は平素万事に対して注意の深きに因《よ》らずばあらず。君の如く注意の綿密にしてかつ範囲の広きはけだし稀なり。 画く者は論ぜず、論ずる者は画かず。君の如く画家にしてかつ論客なるは世に少し。もし不折君の説を聞かんと欲せば一たび君を藤寺《ふじでら》横丁の画室に訪へ。質問いまだ終らざるに早く既に不折君の滔々《とうとう》として弁じ初むるを見ん、もし傍より妨げざる限りは君の答弁は一時間も二時間も続くべく、しかもその言ふ所条理|井然《せいぜん》として乱れず、実例ある者は実例(絵画の類)につきて一々に指示す。通例画家が言ふ所の漠然として要領を得ざるの比に非ず。余が君のために教へられて何となく悟りたるやうに思ふも畢竟《ひっきょう》君の教へやうのうまきに因る。[#地から2字上げ](六月二十七日)

— posted by id at 11:41 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.4624 sec.

http://hadamichi.com/