熱高く身苦し

 熱高く身苦し。初めは呻吟《しんぎん》、中頃は叫喚《きょうかん》、終りは吟声《ぎんせい》となり放歌となり都々逸《どどいつ》端唄《はうた》謡曲|仮声《こわいろ》片々《へんぺん》寸々《すんずん》又継又続|倏忽《しゅっこつ》変化|自《みずか》ら測る能はず。一夜例の如く発熱詩の如く偈《げ》の如き囈語《げいご...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:38 am  

『心の花』

『心の花』に大塚氏の日本服の美術的価値といふ演説筆記がある。この中に西洋の婦人服と日本の婦人服とを比較して最後の断案が[#ここから2字下げ]始終動いて居る優美の挙動やまた動くにつれて現はれて来る変化無限の姿を見せるといふ点で日本服はドウしても西洋服に勝《まさ》つて居ります[#ここで字下げ終わり...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:37 am  

隣の赤児《あかご》泣く

 この頃の短夜《みじかよ》とはいへど病ある身の寐られねば行燈《あんどん》の下の時計のみ眺めていと永きここちす。 午前一時、隣の赤児《あかご》泣く。 午前二時、遠くに※[#「奚+隹」、第3水準1-93-66]聞ゆ。 午前三時、単行の汽缶車《きかんしゃ》通る。 午前四時、紙を貼《は》りたる壁の穴...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 11:07 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0172 sec.

http://hadamichi.com/